電力設備の総合技術企業。東京電設サービスは確かな技術とお客様の信頼を大切にしています。

土壌固有熱抵抗測定

  • HOME »
  • 土壌固有熱抵抗測定

土壌固有熱抵抗測定

土壌固有熱抵抗測定(top)

 
 地中送電線の設計では、土壌の固有熱抵抗(土が過熱された時の熱の逃げにくさ)が送電容量の決定において重要なパラメータとなります。土壌の固有熱抵抗は、土壌の種類や地下水の有無等により大きく変動するため、その場所“固有”の値を高精度に測定することで過度な安全率を見直し、最適なサイズのケーブル敷設が可能になります。

 海外プロジェクトや国内電力関連の豊富な実績を活かし、確かな技術とノウハウで精度よく測定いたします。

土壌(イメージ2)

 

 

 

 

 

 

【特 長】

 ・1測定2試料まで同時測定できるので非常に効率的です。(1日最大6試料*条件により異なります)
 ・100以上の測定試料から、最適な測定条件をご提案いたします。
 ・測定センサー挿入は、手掘り・機械掘り・ボーリングにあわせて選択可能です。
 ・測定結果をリアルタイムに確認でき、地質調査との併用も可能です。
 ・N値(地層の硬軟を示す値)は15程度まで対応可能です。
 ・地中に埋め込むヒーター内臓の測定センサーで、土壌の温度上昇傾向をリアルタイムで観測します。
 ・サンプル土壌の測定も承ります。
 ・土壌改良後のご相談等にも対応いたします。

 

お問い合わせ


お気軽にお問い合わせください。 TEL 03-6371-3140 受付時間9:00-17:00(土・日・祝日除く)

Copyright © 東京電設サービス株式会社  All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.