本文へスキップします。

H1

油中ガス分析による油入変圧器の異常診断

電気設備、受変電施設

油中ガス分析による油入変圧器の異常診断

概要

長期間の運転等による変圧器の様々な内部異常は、絶縁油に溶解したガス成分(*)を調査することで、変圧器内部の異常有無や進行状況を精度よく診断することができ、異常兆候の早期発見や重大事故の未然防止に効果を発揮します。
当社のガス分析は、毎年多数の実績を誇る確かで安心の実施体制で、低コストでスピーディにお客様のニーズにお応えいたします。
(*)変圧器の内部で過熱や放電などの異常現象が発生すると、周囲の絶縁紙や絶縁油が熱で分解されて特徴的なガス成分が生成され、絶縁油に溶解して変圧器内部に溜まる。
(*)ガス成分:酸素(O2),窒素(N2),水素(H2),メタン(CH4),エタン(C2H6),エチレン(C2H4),アセチレン(C2H2),一酸化炭素(CO),二酸化炭素(CO2)

油中ガス分析による油入変圧器の異常診断 写真1

特長

  • 内部異常の早期発見、事故の未然防止に効果を発揮します。
  • 現地では採油作業のみ。
  • トレンド管理により異常の兆候を素早く察知します。状態に応じた点検インターバルやリニューアルのご提案などにも丁寧に対応いたします。
  • 年間1万2千検体の豊富な実績があり、安心の実施体制です。
  • 試料到着から報告までは20日以内のスピード対応。緊急時には即日対応も可能です。

油中ガス分析による油入変圧器の異常診断 写真2

対象設備

実績

動画

資料ダウンロード

詳細情報

【ご依頼から結果報告まで】

油中ガス分析による油入変圧器の異常診断 サービス紹介1

油中ガス分析による油入変圧器の異常診断 サービス紹介2

油中ガス分析による油入変圧器の異常診断 サービス紹介3

【参】フォーム1(インライン)