本文へスキップします。

H1

鋼構造物の点検・調査・診断

電気設備、受変電施設

鋼構造物の点検・調査・診断

概要

各種ロボットを使用して、調査等を行い設備診断や機能確認を行います。
立入困難な大型鋼構造物の内部や急勾配・狭隘箇所等を、遠隔操作の点検・測定ロボットにより安全に精度よく点検・調査します。
測定データからは、劣化の傾向やデータ蓄積・応力検討による余寿命診断、現状の塗膜劣化状況や腐食状況などを精度よく診断します。さらに超音波波形の全波形データによる、鋼材内部の介在物やラミネーション、裏面の腐食状態など、ワンランク上の設備診断が可能です。
設備に応じた最適な点検ロボットにより、安全で高品質な調査をご提供いたします。

鋼構造物の点検・調査・診断 写真1

特長

  • ロボットはマグネット車輪で自走式なので、仮設足場が不要で、コスト軽減と工期短縮が図れます。
  • CCDカメラ搭載で、内部の塗膜の劣化・剥離状況等がリアルタイムに精度よく確認できます。
  • 各種測定データの統計解析により、高精度で総合的な設備診断ができます。
  • 点検、測定が同時に効率よくできるので、工期が短縮でき、コストダウンが可能です。
  • 超音波エコー波形の診断により、鋼材内部の介在物やラミネーション、裏面の腐食状態などより精度の高い設備診断が可能です。

鋼構造物の点検・調査・診断 写真2

鋼構造物の点検・調査・診断 写真3

対象設備

○大型鋼構造物点検ロボット
・埋設鉄管設備(300m程度)
・煙突設備 など
○鋼構造物点検ロボット
・鉄管設備(150m程度)
・上水道鋼管設備 など
○長径間鋼構造物点検ロボット
・長径間鉄管設備(500m程度) など

実績

○水力発電所揚水発電所など、埋設長大鉄管調査・診断業務
○水力発電所水圧鉄管内部調査・診断業務
○水力発電所余水路・余水管調査・診断業務
○上水道用水鋼管内部調査業務
○鋼製煙突調査・診断業務

動画

資料ダウンロード

詳細情報

鋼構造物の点検・調査・診断 写真4

鋼構造物の点検・調査・診断 写真5

【参】フォーム1(インライン)