本文へスキップします。

H1

コンクリート製煙突の点検・調査・診断

電気設備、受変電施設

コンクリート製煙突の点検・調査・診断

概要

点検システムや点検ロボットを利用した点検/調査により、コンクリート製煙突の変状規模や位置などの変状の詳細の把握、またコンクリート厚の調査ができます。

煙突の点検・調査・診断 写真1

特長

点検システムによる調査

  • 遠隔操作のCCDカメラを用いて、変状の規模や位置などの変状詳細を確認します。
  • 照明連動型のCCDカメラを壁面から一定の距離で昇降させて点検を実施。点検画面が安定することで壁面状態を正確に把握し劣化箇所を見逃しません。
  • 遠隔操作による点検のため大掛かりな仮設が不要。スピーディーに点検が行えます。
  • コンクリートのひび割れ規模や劣化範囲などを計測し、その進行度を定量的に把握することで、正確な健全化評価を行います。
  • 内面や外面など場所を問わず点検できます。

煙突の点検・調査・診断 写真2

板厚・点検ロボットによる調査

  • CCDカメラ3台と超音波板厚測定装置を搭載したロボットによって点検を行います。
  • 塗膜の劣化状況とコンクリート厚・塗膜厚を同時に調査/測定することができます。
  • 1mm間隔にて連続でコンクリート厚・塗膜厚測定し、測定データから機能診断、余寿命診断を行うことができます。

煙突の点検・調査・診断 写真3

対象設備

〇コンクリート構造煙突
〇鋼構造煙突

実績

○火力発電所煙突点検調査業務
○ビル煙突点検調査業務

動画

資料ダウンロード

詳細情報

煙突の点検・調査・診断 サービス紹介1

煙突の点検・調査・診断 サービス紹介1

煙突の点検・調査・診断 サービス紹介1

【参】フォーム1(インライン)