本文へスキップします。

H1

ハンガーロープの定着部防錆補修

電気設備、受変電施設

ハンガーロープの定着部防錆補修

概要

日本の長大吊橋も20年を経過する設備が多くなり、今後さらに経年化する設備のメンテナンスが重要な課題となっています。
ハンガーロープは、腐食形態は環境などの面で違いがあるものの、雨水等の侵入により表面のみならず、内部の腐食も懸念され、特に定着部の防食対策については近年ニーズが高まってきています。
当社の定着部の防食工法(特許取得)は、ハンガーロープ定着部内部に防錆剤を圧入充填することで、半永久的にハンガーロープ内部の腐食(錆)進行を抑制でき、延命化にも非常に有効です。

ハンガーロープの定着部防錆補修 写真1

特長

  • 超高圧水洗浄により、ハンガーロープの劣化した塗膜や表面の錆を確実に落とします。
  • 専用のケレン排水飛散防止カバーにより、ケレン排水をカバー内部に集めてバキューム車にて完全に回収しますので、飛び散ることがなく環境汚染がありません。
  • 専用の圧入装置で防錆剤をハンガーロープ内部に圧入・充填できるので、半永久的に内部腐食の進行を抑制できます。
  • ハンガーロープの表面は防食テープと保護テープで保護し、ハンガーロープの内外部を防錆剤で埋めることで、外部からの雨水等の侵入を強力に防止します。

対象設備

○長大吊り橋ハンガーロープ

実績

○吊り橋ハンガーロープ定着部補修工事

動画

資料ダウンロード

詳細情報

ハンガーロープの定着部防錆補修 サービス紹介1

ハンガーロープの定着部防錆補修 サービス紹介2

ハンガーロープの定着部防錆補修 サービス紹介3

「ハンガーロープ定着部の防食工法」」が公共工事等における新技術活用システム[NETS]に登録されました。こちらから

【参】フォーム1(インライン)