本文へスキップします。

H1

人と仕事を知る。

ソリューション事業本部郡山事務所 所属

ソリューション事業本部郡山事務所 所属

末村 俊弥
Suemura Shunya
2015年 入社

QA

Q入社のきっかけは?

A大学は工学部出身で、電気に携わる仕事に就きたいと考えていたときに、就職情報サイトで当社を知り応募したのがきっかけです。

Q印象に残っているエピソードはありますか?

A那須にある太陽光発電所で、約8000枚の太陽光パネルの架台締め付け検査を本社・栃木センター・郡山事務所の社員が総動員で実施したことです。運開工期までの日数が限られている中で、使用前自主検査を実施しなければならなかったため、全員必死で取り組んだことが印象に残っています。

末村さんエピソード

Q現在、取り組んでいる仕事は?

A福島県会津若松市に建設している太陽光発電所の自営送電線工事です。送電線工事は、工事着手前に、設計規模の確認、ルートの選定、測量、地質調査等を綿密に行い設計していきます。今回、地中送電線と架空送電線の両方を実施いたしますが、地中送電線の場合は道路管理者の了解を得れば工事ができますが架空送電線の場合は地権者様の了解を得なくてはならず大変です。

Qやりがいを感じるときは?

A印象に残っているエピソードで少し触れましたが、太陽光発電所の運開を迎え、発電所としての機能を果たした時です。太陽光発電所の建設には多くの人が関わっていて、その努力の集大成が実を結ぶのは感慨深いものがあります。

職場の末村さん

Q職場の雰囲気は?

A部門の垣根が低く、風通しの良い職場だと思います。経験豊富な先輩方が多く、他部門の先輩も親身になってアドバイスしてくれるので、学ぶところも多く勉強になります。

Q自分が成長したと思う点は?

A私は地中部門の入社ですが、変電・送電に関する知識を少しずつですが習得している点です。ただ、まだ分からないことがたくさんあるので、貪欲に学ぶ姿勢をもって知識を深めたいと思います。

Q将来の夢や目標は?

A明確な将来の夢は決まっていません。 ただ、近い将来仕事に関連のある資格取得をすると同時に、仕事をまかせてもらえる、信頼されるような人になりたいです。そのためには、頭や心を鍛え、何事にも失敗を恐れずに挑戦する勇気を持ち続けたいと考えています。その過程では、たくさん失敗して怒られて、責められることもあるかもしれませんが、その経験こそが己を成長させてくれると信じています。その中で本当に自分のやりたいことを見つけていきたいと思っています。最後にある本(*)の一部を抜粋させて頂きます。「自分が一生をかけてやりたいと思えることは、時間をかけて、真剣に取り組み、工夫を重ねた経験があることの中からしか生まれてこない」 *喜多川 泰『上京物語』大日本印刷、2009、195項

千葉センター 所属

千葉センター 所属

森田 章利
Morita Akito
2016年 入社

QA

Q入社のきっかけは?

A高校2年生の時に東日本大震災に合い、電気が使えない日々を経験し、電気の大切さを改めて実感しました。
このきっかけから電気を人々に送るためにはなくてはならない変電設備に関わる仕事に就きたいと考え志望いたしました。

Q印象に残っているエピソードはありますか?

A1日目、2日目と作業内容がほとんど変わらない作業をするという現場の時のことです。事前勉強をしたのですが、1日目、至らない部分があり、迷惑をかけてしまいました。それが不甲斐なくて、2日目は1日目の経験を活かし、作業をスムーズに行うことができました。その帰りにお客さまと先輩から笑顔で「お疲れさま」と言ってもらえたことがとても印象に残っています。

森田さんの取り組んでいる仕事は

Q現在 取り組んでいる仕事は?

A主に千葉県にある東京電力パワーグリッドの変電設備の保守点検を行っていますが、2年目になり色々なお客さまの設備も担当するようになりました。お客さまが所有する設備は、東京電力パワーグリッドの設備と異なる場合が多いので大変ですが、その分勉強になり達成感も味わえます。

Qやりがいを感じるときは?

Aやはり魅力は現代の人にはなくてはならない電気を支える仕事ということです。自分が整備した機器を通り、人々が毎日使用する電気が送られる、とても魅力的な仕事だと思います。

Q職場の雰囲気は?

A職場では私の経験年数が一番浅いのですが、先輩方は皆優しく、いろいろなことを教えてくれます。社会人となりましたが、学生時代のように活気に満ち、毎日楽しく過ごすことが出来ています。

Q自分が成長したと思う点は?

A新しい仕事が増えたり、一人で任せてもらえる仕事が増えると、成長したと感じることが出来ます。また多少ではありますが様々な設備の知識が身についたことで、保守点検を行う際に電気の流れや点検目的を理解できるようになりました

Q将来の夢や目標は?

A自分の職場は魅力的な人がとても多いです。将来はそんな先輩たちと協力し、時には意見を言い合えるような人になり、ゆくゆくは職場にとってなくてはならない存在になることが私の目標です。

森田さんの職場イメージ

承認:エディタ