東京電設サービス株式会社

閉じる

サービスのご案内FITCAP/防錆ボルトキャップ

FITCAPとは

サビない、オチない、テマがない ~オーダーメイドのボルトキャップ~

FITCAP(特許登録)は、ボルトの「サビ」とナットの「ゆるみ」を同時に解決!

設備の安全を維持しながら、メンテナンスの手間もコストも抑えられる新しい発想のボルトキャップです。

シーリング剤(接着剤)や工具を使用しないで取り付けできるので、点検や増し締めが必要な設備にも最適です。

【無料】モニター募集中!

PDFダウンロードはこちらから

ボルト保全の重要性

ボルトの締結部では、「サビ」と「ゆるみ(落下)」という大きな2つの課題があります。

サビ

ボルトのサビが進行すると「軸力が低下する」、「ボルトが開かなくなる」といった問題が発生します。
更に進行するとボルトが破断に至るケースもあり、様々な弊害が生じます。

 

サビの進行は地域や環境によっても異なりますが、状況を見極めてどのようなボルトの保全対策をするかが設備全体の機能維持に大きな影響を及ぼします。

ゆるみ(脱落)

ボルトのゆるみには振動・衝撃などの外力がはたらいたときに発生する回転ゆるみと、締結体の表面粗さ・へたり等による非回転ゆるみに分かれます。ゆるみを防止するために、様々な対策が施されていますが、それでもゆるみは発生します。

 

ゆるみ(脱落)には、ボルトナットが落下するケースと、締結していた部材が落下するケースがあり、いずれも重大な災害につながる可能性があります。

ボルトの腐食やナットのゆるみは、設備倒壊の危険性をもはらむ、非常に大きな問題です。
そのため、設備全体の点検だけでなく、それらを構成するボルトやナットも定期的に点検・更新する必要性があります。
しかし、多くの場合、腐食による固着や脱落が起きてからボルトやナットを交換しているのが現状です。
設備の公共性や重要性を考慮し、安全で点検しやすい状態をキープできるよう、効率的な保全技術へのニーズが高まっています。

 

*出典 国土交通省ホームページ

【比較】従来のボルト保全とFITCAPを活用した保全

一般的な締結部の保全では、ゆるみ防止とサビ止めは別々に対策されます。
FITCAPを活用することで、点検や増し締めなどの定期的な開閉を可能としながら、「サビ」と「ゆるみ」を同時に解決します。

FITCAPが選ばれる理由

TDSが選ばれる理由

  • POINT.1

    錆びない!

    FITCAPは材料の樹脂に含まれる防錆成分と被覆防食の2つの効果で、安定的に優れた防サビ性能を発揮!
    各種試験をクリアして、その性能・品質は十分な評価を得られています。

  • POINT.2

    落ちない!

    FITCAPはNAS3350規格に準じた振動試験をクリア!
    どんなに激しい振動・衝撃にもゆるみません。
    ナットのゆるみ止め対策としても使えます。

  • POINT.3

    手間がない!

    締め付け工具やシーリング剤(接着剤)は不要です。
    手締めでしっかりフィットし、十分な防サビ効果とゆるみ止め性能を発揮します。
    点検・補修など、定期的に開閉が必要な締結部でも即時開閉が可能です。

サービス概要

  • 安心のオーダーメイドサービス

    FITCAPはサイズ、厚み、長さなどを現場に合わせて製作する、オーダーメイドサービスを実施しています。
    大型サイズ・特殊形状でも、形状・サイズにあわせて自由自在にカスタマイズ!
    両面金型の作成が不要なので、小ロットから低コストで製作することができます。

製品ラインナップ

【ネジ山タイプ】

サビ止め&ナットのゆるみ止めに効果的です。

【一体型タイプ】

手間なくボルトナットを被覆します。

【分割型タイプ】

ナット周囲の空隙がないので、一体型より高い防錆効果が期待できます。

FITCAPをおススメする施工例

定期的にボルト開閉が行われる締結部に有効です。
高速道路、鉄道、橋梁、自動車、航空、道路、船舶、鉄塔、工場、発電所(風力)など、各種設備の締結部に幅広くご利用いただけます。

超音波点検を実施後の被覆として

超音波点検により研磨されたアンカーボルトの頭頂部は鉄素地が露出し、すぐにサビが発生します。
1回/5年の法令点検を見据えると、再研磨によるアンカーボルトの減少を防ぐ必要があり、被覆としてのご使用は非常に効果的です。

【事例紹介】アンカーボルトの健全度調査をもっと手間なくスピーディーに!>

  • 施工前(基礎支持ボルト)

  • 探傷試験時に頭頂部を研磨して測定

  • 施工後(キャップ取り付けはお客様が実施)

入所に制限のある作業場所(他企業設備との交差部など)への採用

鉄道や高速道路など、他企業設備との交差部は入所申請や作業時間の制約があります。
さらに、万一にも落下物などが発生した場合は賠償問題にも発展しかねません。ボルトナットのゆるみ止め対策は必須です。
また、腐食により固着したボルトの切断作業はできるだけ避けたいところです。
FITCAPの活用により、これらのお悩みを解決します。

アプローチに手間のかかる場所(高所など)への採用

高所作業車や特殊高所技術者でないとアプローチできない締結部があります。これらの場所は狭隘で、困難な体勢で保全を行う場所も少なくありません。
FITCAPの活用により、ボルトナットの落下および、腐食による切断作業を回避することが可能です。

ゆるみ止め対策(締結回数の改善)として

ゆるみ止め対策として、様々な現場でダブルナットなどが用いられる場合があります。
例えばダブルナットの場合、3回の締結が必要で、100箇所であれば300回の締結が必要です。
FITCAPの場合は、シングルナット1回の締結とFTCAPの手締めですむ上、さらに高い防サビ性能が備わりますので、コストパフォーマンスは抜群です。

【技術情報】ボルト・ナットの落下防止/今さら聞けない?ダブルナットの正しい締め方

ボルトナット切断に伴う火気・リスク作業の低減策として

【技術情報】【対処・対策編】ナットが外れない!と困るその前に。保全マン必見の対処・対策法

各種試験結果

塩水噴霧複合サイクル試験

FITCAPの塩水噴霧複合サイクル試験
「JIS H 8502」準拠
試験期間:20日間(屋外曝露5年相当)

  • 複合サイクル機器内終了直後

  • 加工面にサビの発生なし

  • 油分を確認

腐食後の進行度合い確認試験
NAS3350に準じた試験をクリア

米国航空規格「NAS3350」に
準じたねじ緩み試験をクリア
(試験時間:30,000cycles)

適用事例

高速道路では、支柱(照明柱・情報板等)アンカーボルト超音波点検後の保護キャップとして、電気設備ではケーブルヘッド支持架台の締結部に、FITCAPをご利用いただいています。

受注実績

    • 株式会社N 様

      • 建設業

      件名

      • FITCAP購入
    • 受注概要

      FITCAP ねじ山タイプ(M24~M36、高さ20㎜)
      超音波探傷後の防錆および作業効率化

    • N株式会社 様

      • 建設業

      件名

      • FITCAP購入
    • 受注概要

      超音波探傷後の防錆及び作業効率化

    • S株式会社 様

      • 化学

      件名

      • 受電設備架台防錆工事
    • 受注概要

      締結部腐食ガス防護

    • S株式会社 様

      • 石油・石炭製品

      件名

      • ボルトナット補修、FITCAP購入
    • 受注概要

      FITCAP 一体型タイプ(M24、ねじ部の高さ15㎜)
      フィルターセパレーター締結部の固着防止

    • S株式会社 様

      • 建設業

      件名

      • FITCAP M36ナット有り17㎜座金なし
    • 受注概要

      大型タンク基礎アンカーボルトの防護

    • 株式会社B 様

      • 建設業

      件名

      • ケーブルバンドボルトキャップ試験施工
    • 受注概要

      形状変更による防錆効果向上

    • K株式会社 様

      • 建設業

      件名

      • 高速道路遮音壁のナット補修
    • 受注概要

      FITCAP ねじ山タイプ(M20、高さ30㎜&40㎜)

お客さまの声

株式会社Nさま

[ご検討の理由]

高速道路で支柱(照明柱・道路情報板)等のアンカーボルトを5年に1度の周期で点検しており、超音波点検の実施にあたってはアンカーボルトの頂部を水平に研磨する必要があります。点検後に研磨箇所が錆びないようにしたいのですが、錆止めスプレーを使用すると次回点検時にまた研磨が必要になるので、スプレーや接着剤を使用しない方法で防錆対策をしたいと考えていました。

  • [ご使用後の感想]

    アンカーボルトの研磨作業は本当に負担でした。ボンドをつけるなどいろいろな錆止め対策を試しましたが、ナットとネジ山の間にボンドが入り込んでナットが回らなくなるトラブルもありました。

    錆止め効果の高いボルトキャップも販売されていますが、アンカーボルトの出しろが現場ごとにバラバラでサイズの合うものがありませんでした。その点、FITCAPはサイズをカスタマイズしてもらえるのでぴったりのものが調達でき、結果的にコストも抑えられました。

S株式会社さま

[ご検討の理由]

石油備蓄タンクの出入口にあるフィルターセパレーターは年に一度フィルター交換をする必要がありますが、湾岸部のため塩害がひどく、ボルトナットが錆びついて外れない事象が頻繁におこっていました。フィルター交換の他にも、圧力ゲージが異常値を示す際には速やかにボルトナットを開閉して点検する場合があるので、固着しない錆止め対策がないか探していました。

[ご使用後の感想]

錆びはじめたボルトにFITCAPのサンプルを設置しましたが、1年後に確認したところ腐食の進行はなく、ボルトナットはストレスなく開閉できました。接着剤を使用していないのに密着性が高く、錆止めの効果を実感しました。

K株式会社 さま

  • [ご検討の理由]

    高速道路橋梁部の遮音壁の支柱はアンカーボルトで横向きに固定されていますが、融雪剤散布の影響でボルトナットの腐食が激しく、特に高所や狭隘部ではナットを外す工具が使用できない箇所もあり、ナットの切断作業に相当の時間を要していました。高所で使用するので、ゆるまず錆止めができるボルトキャップがベストで、さらに万一落下したとしても安全性が担保できる製品を探していました。

[ご使用後の感想]

ゆるみ止めと錆止めを同時に対策できるのがとても良いです。実際に設置したところ、これは落ちないと実感しました。
現場で簡単にサイズ(長さ)を調整できる点も良く、少し大きめにつくっても、ネジ山の露出が短い場合はカッターで切断すればよいので使い勝手がいいです。

姉妹品「FITTUBE」のご案内

高速道路の支柱(照明灯・情報板等)基礎部のアンカーボルトを保護する「FITTUBE」を発売開始しました。
優れた防錆効果でアンカーボルトの腐食・劣化を防止し、支柱の安全性維持とライフサイクルコスト低減の両立をかなえます。
やわらかい素材なのでサイズを自在に調整でき、シーリング剤(接着剤)を使わずに装着できるのもポイントです。

  • FITTUBE

  • FITTUBE使用例

詳しい資料はこちらから

FITCAP/防錆ボルトキャップに関連する技術

もっと見る